《ドラクロアから新印象主義まで》(読み)どらくろあからしんいんしょうしゅぎまで

世界大百科事典内の《ドラクロアから新印象主義まで》の言及

【シニャック】より

…パリで生まれ,同地で没。スーラとともに点描主義を追究し,その理論を《ドラクロアから新印象主義まで》(1899)にまとめた。はじめ,モネの影響下に描くが,1884年,シニャック自身も創設者の一人だった第1回アンデパンダン展の際にスーラを知り,その視覚混合の理論に基づいて純色を点描していく方法に深く共鳴する。…

※「《ドラクロアから新印象主義まで》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android