《ナイアガラ》(読み)ないあがら

世界大百科事典内の《ナイアガラ》の言及

【モンロー】より

…16歳で結婚してまもなく離婚,写真のモデルとして各種の雑誌の表紙を飾って人気を得,1946年,週給125ドルで20世紀フォックスと1年契約を結び,ノーマ・ジーン・ベーカーからマリリン・モンローという名の女優となった。コロムビアをへて50年にふたたびフォックスと契約し,ジョン・ヒューストン監督の《アスファルト・ジャングル》(1950),ジョゼフ・L.マンキーウィッツ監督の《イヴの総て》(1950)の端役で注目されて〈新進スター〉の一人に数えられ,ヘンリー・ハサウェー監督の《ナイアガラ》(1953)で独特の〈モンロー・ウォーク〉が評判となり,続く《紳士は金髪がお好き》《百万長者と結婚する方法》(ともに1953)によってフォックスの〈マネーメーキング・スター〉になるとともに,ハリウッドの新しい〈セックス・シンボル〉となった。54年には《帰らざる河》《ショウほど素敵な商売はない》,55年には《七年目の浮気》が公開され,またこの間プロ野球のヒーローだったジョー・ディマジオとの結婚・離婚によっても話題をにぎわした。…

※「《ナイアガラ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android