《ニュー・ライティング》(読み)にゅーらいてぃんぐ

世界大百科事典内の《ニュー・ライティング》の言及

【レーマン】より

…オーデン・グループと親密で,彼らとともに左翼運動に加わる。雑誌《ニュー・ライティング》(のち《ペンギン・ニュー・ライティング》)の編集者として1930年代の新しい文学運動に貢献。またこれより前,レナードとバージニアのウルフ夫妻のホガース・プレス創立と経営に尽力する。…

※「《ニュー・ライティング》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android