《ニルクタ》(読み)にるくた

世界大百科事典内の《ニルクタ》の言及

【文法学派】より

…インドでは古くからベーダ聖典の解釈学の一部門として文法学が重視され,六つのベーダ補助学(ベーダーンガ)の一つとして確立された。ベーダ聖典研究としての語源学の先駆者としては前500年ころにヤースカが現れて《ニルクタ》を著した。現存する最古の文法学書は前5~前4世紀に活躍したパーニニの《アシュターディヤーイー》(別名《パーニニ・スートラ》)である。…

【ヤースカ】より

…生没年不詳。ベーダ伝承のための補助学(ベーダーンガ)の一つである語源学に関する唯一現存する書物《ニルクタNirukta(語源論)》を著した。ベーダ文献の中でも最古のものである《リグ・ベーダ》の詩句は,当時すでに意味不明の語句を含む難解なものになっており,そのような詩句を解釈するための語彙に関する研究は,ヤースカ以前からかなり行われていた。…

※「《ニルクタ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android