《ネルソン百科事典》(読み)ねるそんひゃっかじてん

世界大百科事典内の《ネルソン百科事典》の言及

【百科事典】より


[20世紀]
 第4期は20世紀であるが,ここでは知識の多様化が進み,従来にないさまざまな試みが加えられた。ルーズリーフ・スタイルをとったアメリカの《ネルソン百科事典Nelson’s Perpetual Loose‐leaf Encyclopaedia》12巻(1909),図解記述を採用したドイツの《ドゥーデン百科事典》(1935)などである。またG.ジェンティーレ編集の《イタリアーナ百科事典Enciclopedia italiana》(1929‐39),《ソビエト大百科事典》(1926‐47)のように,前者は36巻,後者は65巻という膨大なものが続出したのも特徴である。…

※「《ネルソン百科事典》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android