《ハイト・レポート》(読み)はいとれぽーと

世界大百科事典内の《ハイト・レポート》の言及

【性科学】より

…この二つの報告は《キンゼー報告》と総称される。ハイトShere D.Hite(1942‐ )も同様に面接調査を行い,74年に男性の,76年に女性の性意識と性行動について《ハイト・レポート》としてまとめている。一方,マスターズWilliam H.Masters(1915‐ )とジョンソンVirginia J.Johnsonは性行動における男女の性反応を生理的に研究し,《人間の性反応》(いわゆる《マスターズ報告》)を発表した。…

※「《ハイト・レポート》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android