《バイロン公チャールズの陰謀と悲劇》(読み)ばいろんこうちゃーるずのいんぼうとひげき

世界大百科事典内の《バイロン公チャールズの陰謀と悲劇》の言及

【チャップマン】より

…劇作家としては海軍大臣一座の座付作者として出発し,喜劇《アレクサンドリアの盲乞食》(1596初演)など数編を書いたが,1600年ごろに少年劇団にくら替えし,《取次ぎ役》(1602?),《すべて愚者》(1604?),《ムッシュー・ドリーブ》(1604)など軽快なロマン的色彩の濃い喜劇と,《後家の涙》(1608?),《東行き!》(1605,B.ジョンソンおよびJ.マーストンとの合作)など風刺的な喜劇を執筆した。一方,当時のフランス宮廷の政争を題材にした2編の二部作悲劇《ビュッシー・ダンボア》(1604)とその続編《ビュッシー・ダンボアの復讐》(1610)ならびに《バイロン公チャールズの陰謀と悲劇》(1608)はいずれも,社会的倫理の規範と英雄的自我の独立を中心テーマとした重厚な作品で,少年劇団の舞台でかなり成功を収めはしたが,せりふは修辞的で人物創造に厚みがなく,全体として,古典主義的ヒューマニストであった作者の哲学が,ドラマの中に有機的に取り込まれていないうらみがある。最後の作品《フランス海軍総帥シャボー》(1635)もまた政治悲劇であるが,ここにはよりヒューマンな人間像の呈示がある。…

※「《バイロン公チャールズの陰謀と悲劇》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android