《バーマティー》(読み)ばーまてぃー

世界大百科事典内の《バーマティー》の言及

【バーチャスパティミシュラ】より

…前者は因中有果論,無果論などの重要な議論を含んでおり,後者は言語哲学における彼の見解を明確に示している。ベーダーンタ関係では,マンダナミシュラの《ブラフマシッディ》に対する《タットバサミークシャー》とシャンカラの《ブラフマ・スートラ注解》に対する《バーマティー》がある。後者においては,マンダナミシュラの思想の影響を受けてシャンカラを解釈しているといわれる。…

※「《バーマティー》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android