《パラーシャ》(読み)ぱらーしゃ

世界大百科事典内の《パラーシャ》の言及

【ツルゲーネフ】より

…38‐41年ベルリン大学で古典文学とドイツ哲学,特にシェリングとヘーゲルを学び,深い教養と自由な精神をもつ西欧主義者となって帰国した。43年,物語詩《パラーシャ》で文壇に出たが,43年末ペテルブルグでフランスの有名なオペラ歌手ビアルドー夫人と宿命的な出会いをした。彼は彼女に心酔し,以後ビアルドー夫妻のあとを追って,パリにあるその所有地の一隅に居を定め,この複雑な奇妙な関係が死までの彼の運命を支配することになる。…

※「《パラーシャ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android