《パレスティナの殉教者たち》(読み)ぱれすてぃなのじゅんきょうしゃたち

世界大百科事典内の《パレスティナの殉教者たち》の言及

【エウセビオス[カエサレアの]】より

…おもに東方の教会の動静を記述し,現存しない他の著作家からの引用が多く,古代教会に関する最も貴重な史料となっている。そのほか,ディオクレティアヌス帝の迫害を描いた《パレスティナの殉教者たち》,旧約の時代から303年までを年表にした《年代記》,聖書地理に関する《オノマスティコン》,護教上の著作として《福音の証明》《ヒエロクレス駁論》など。《コンスタンティヌス伝》に表れた,皇帝を神の代理者とする皇帝理念は,ビザンティン帝国に受け継がれた。…

※「《パレスティナの殉教者たち》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android