《パーセニア》(読み)ぱーせにあ

世界大百科事典内の《パーセニア》の言及

【バージナル】より

…とくに16~17世紀のイギリスで愛好され数多くの作品が書かれた。W.バード,ブルJohn Bull(1562ころ‐1628),ギボンズの作品を集めたアンソロジー《パーセニアParthenia》(1612‐13ころ)などが有名である。【津上 智実】。…

※「《パーセニア》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android