コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《一行たりとて書かざる日なし》 いちぎょうたりとてかかざるひなし

世界大百科事典内の《一行たりとて書かざる日なし》の言及

【オレーシャ】より

…彼はしばしば革命後の若い知識人の問題を主題として取り上げたが,スターリン時代にはその描き方が社会主義リアリズムからはずれるものとして,厳しく批判された。死後1965年に発表された自伝的回想《一行たりとて書かざる日なし》は,不遇な晩年に彼が書き残すことのできた唯一の傑作だったと言えよう。【沼野 充義】。…

※「《一行たりとて書かざる日なし》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《一行たりとて書かざる日なし》の関連キーワードオレーシャ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android