コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《九月の夜》 くがつのよる

世界大百科事典内の《九月の夜》の言及

【チェコスロバキア映画】より

…50年代にはFAMU出身の映画監督が一線に出てくる。ボイテッチ・ヤスニーVoyteč Jasny監督《九月の夜》(1957)がチェコ映画の〈新しい波〉の口火を切り(さらに1963年にはカンヌ映画祭で特別賞を受賞したヤスニー監督の《猫に裁かれる人々》が,チェコスロバキア映画に世界の注目を集めさせる),60年代にはベラ・ヒティロバ(《ひなぎく》1966),ヤン・ニェメッツ(《夜のダイヤモンド》1964),ミロシュ・フォルマン(《ブロンド娘の恋》1965),イルジ・メンツェル(《監視された列車》1966),ヤロミル・イレシュ(《叫び》1963)といった気鋭の若い映画作家たちが〈プラハの春〉を謳歌するが,68年夏のソ連軍侵攻により沈黙を余儀なくされる。また国外逃亡組のなかにはハリウッドに渡って成功したミロシュ・フォルマン改めミロス・フォアマン(《アマデウス》1984など)がいる。…

※「《九月の夜》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android