《二祖調心図》(読み)にそちょうしんず

世界大百科事典内の《二祖調心図》の言及

【石恪】より

…いわゆる粗筆人物が得意で,その逸格的画風で鬼神・道釈画を,また風刺的な作品をよく描いた。師は火の画家張南本であり,現存する石恪画の模本《二祖調心図》の原本は前蜀の乾徳1年(919)の制作と考えられ,10世紀中葉がその活躍期と推定される。【戸田 禎佑】。…

※「《二祖調心図》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android