コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《仇名草由縁八房》 あだなぐさゆかりのやつふさ

世界大百科事典内の《仇名草由縁八房》の言及

【南総里見八犬伝】より

…ほかに,57年(安政4)正月大坂の角の芝居《けいせい八花魁(やつのはなぶさ)》,68年(慶応4)5月市村座《里見八犬伝》(3幕,河竹黙阿弥作)がある。明治以後のものには,74年7月東京守田座《里見八犬士勇伝》(黙阿弥作),81年正月東京の中島座《梅八総犬士大会(うめのやつふさけんしのおおよせ)》(3世瀬川如皐作),83年6月東京春木座《墨川高評楼(すみだがわうわさのたかどの)》(3幕,3世河竹新七作),89年3月東京中村座《仇名草由縁八房(ゆかりのやつふさ)》(2幕,3世新七作)があり,また,1934年3月東京明治座《南総里見八犬伝》(2幕,大森痴雪脚色),47年9月東京帝国劇場《南総里見八犬伝》(4幕,渥美清太郎脚色)などがある。【小池 章太郎】。…

※「《仇名草由縁八房》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android