コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《価値と資本》 かちとしほん

世界大百科事典内の《価値と資本》の言及

【ヒックス】より

…イングランドのウォリックシャーに生まれ,オックスフォード大学卒業後,ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス(LSE)講師,ケンブリッジ大学フェロー,マンチェスター大学教授を経てオックスフォード大学教授(1952‐66),またオールソールズ・カレッジのフェロー(1952‐)。主著《価値と資本Value and Capital》(1939)は,ワルラス,パレートの一般均衡論に北欧学派の立場を摂取し,価格経済構造を微視的社会像として定着させた古典である。序数的効用理論(限界代替率)に基づく需要供給理論,連関財の理論,静学的安定論,経済理論の動学化を主要テーマとして,個人と社会,静学と動学を貫徹する共通原理を追求している。…

※「《価値と資本》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《価値と資本》の関連キーワードジョン・リチャード ヒックス均衡理論(経済学)経済静学・経済動学ローザンヌ学派代替財・補完財ロンドン学派剰余価値率新古典学派限界代替率近代経済学無差別曲線森嶋通夫トービン安井琢磨ジーベルヒックス伊藤誠価格予想

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android