コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《俠客春雨傘》 おとこだてはるさめがさ

世界大百科事典内の《俠客春雨傘》の言及

【俠客春雨傘】より

…戯曲。〈おとこだてはるさめがさ〉ともいう。福地桜痴作。1897年4月東京歌舞伎座初演。大口屋暁雨を9世市川団十郎,逸見鉄心斎を初世市川猿之助(のちの2世段四郎),傾城薄雲を2世市川女寅(のちの6世門之助),傾城葛城を4世中村福助(のちの5世歌右衛門)ほか。桜痴自作の《小説春雨傘》を団十郎のために脚色したもので,江戸十八大通の一人大口屋暁雨をモデルにしている。通称を《実録の助六》というように〈助六物〉の一つで,時代物に定評のあった団十郎が,この作品の上演で世話物にも腕のあるのを立証した。…

※「《俠客春雨傘》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《俠客春雨傘》の関連キーワード福地 源一郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android