コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《俱舎曼荼羅図》 くしゃまんだらず

世界大百科事典内の《俱舎曼荼羅図》の言及

【東大寺】より

…このほか彫刻では三昧堂(四月堂)の千手観音像,〈試みの大仏〉とも呼ばれ良弁念持仏と伝える弥勒菩薩座像(奈良国立博物館寄託),二月堂食堂の訶梨帝母(かりていも)座像,明治初期の廃仏毀釈の際,天理の永久寺より移された持国天・多聞天立像がある。絵画では平安後期の作ながら復古的作風の《俱舎曼荼羅図》があり,また《善財童子絵巻》とも称される《華厳五十五所絵巻》,額装の《華厳五十五所絵》はともに12世紀後半といわれる。工芸では聖宝が所持し,その没後,維摩会の必需品となった五獅子如意があり,東大寺における教学の展開を示す遺品となっている。…

※「《俱舎曼荼羅図》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android