コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《共通の現存》 きょうつうのげんそん

世界大百科事典内の《共通の現存》の言及

【シャール】より

…ときに謎めいた箴言を思わせるその作品は対立的イメージを簡潔な語法のうちに凝縮し,自然と人間へのゆるぎない信頼に貫かれたものである。また自選詩集《共通の現存》(1964)はそれまでの代表作をテーマ別に集めたものである。戦後フランスを代表する詩人として若い世代に絶大な影響を与え,斬新な作品を発表しつづけてきた。…

※「《共通の現存》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《共通の現存》の関連キーワードシャール

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android