コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《内と外》 うちとそと

世界大百科事典内の《内と外》の言及

【マクドナルド】より

…宗教的・超俗的傾向の詩を特徴とする。処女作《内と外》(1855),宗教詩《老人日記》(1880)があるが,なかでも信仰の悩みをうたう《深淵より》や《この幼き世界》の短詩で名高い。また一連の思想小説《デービッド・エルギンブロッド》(1863),《マルコム》(1875)で,スコットランドの生活を描くとともに反カルバン的神学問題を扱っている。…

※「《内と外》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《内と外》の関連キーワードハースト(Damien Hirst)原発性硬化性胆管炎(PSC)竹本綱太夫(2代)シェマハ・カラ遺跡歌川広重(初代)山科本願寺南殿跡染模様妹背門松パロキアリズム内集団・外集団マクドナルドリンドバーグコモンサンゴバンクロフト歌舞伎の用語四面八方政策農業共同体中山 修一クローデル天体望遠鏡オベリスク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android