コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《吉利支丹退治物語》 きりしたんたいじものがたり

世界大百科事典内の《吉利支丹退治物語》の言及

【吉利支丹物語】より

…弘治年間(1555‐58)のキリスト教の伝来,キリスト教と仏教との宗論,キリスト教への迫害,天草・島原の乱などを虚実とり混ぜて記したもので,幕府の鎖国政策を正当化し,キリスト教邪宗門観を民衆に広める立場で書かれている。65年(寛文5)《吉利支丹退治物語》として再版された。《続々群書類従》所収。…

※「《吉利支丹退治物語》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《吉利支丹退治物語》の関連キーワード吉利支丹物語

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android