《唐摭言》(読み)とうせきげん

世界大百科事典内の《唐摭言》の言及

【佚事小説】より

…その自序にいうように〈事実を紀し物理を探り疑惑を弁じ勧戒を示し風俗を採り談笑を助くるは則ち之を書す〉という態度で記録されたもの。〈志怪小説〉〈伝奇小説〉とは異なり,事件の断片・考証・教訓・民俗などをありのままに記そうとするもので,唐の趙璘(ちようりん)の《因話録》,五代の王定保の《唐摭言(とうせきげん)》,宋の欧陽修の《帰田録》などがある。【内山 知也】。…

※「《唐摭言》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android