《回外剰筆》(読み)かいがいじょうひつ

世界大百科事典内の《回外剰筆》の言及

【曲亭馬琴】より

…文学にくらい宗伯未亡人お路を筆記者として,いらだち,叱り,怒り,なだめながら,口述で著作を続け,《八犬伝》は28年の歳月を経て完成した。お路の艱難辛苦のほどはその完結付録《回外剰筆》にくわしい。しかし,ついに完結を見ずに終わった《開巻驚奇 俠客伝》(1832‐),《近世説美少年録》(1829‐)の二大作が残ってしまった。…

※「《回外剰筆》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android