《回外剰筆》(読み)かいがいじょうひつ

世界大百科事典内の《回外剰筆》の言及

【曲亭馬琴】より

…文学にくらい宗伯未亡人お路を筆記者として,いらだち,叱り,怒り,なだめながら,口述で著作を続け,《八犬伝》は28年の歳月を経て完成した。お路の艱難辛苦のほどはその完結付録《回外剰筆》にくわしい。しかし,ついに完結を見ずに終わった《開巻驚奇 俠客伝》(1832‐),《近世説美少年録》(1829‐)の二大作が残ってしまった。…

※「《回外剰筆》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android