《大蔵虎寛本》(読み)おおくらとらひろぼん

世界大百科事典内の《大蔵虎寛本》の言及

【大蔵流】より

…台本は代々の宗家,各弟子家のものがあるが,《大蔵虎明本》(1642)が最古本で,中世の狂言をうかがわせる貴重な資料である。《大蔵虎寛本》(1792)は固定期の台本で,現行の演出に近い。《大蔵虎明本》には236曲を収めるが,《大蔵虎寛本》では165曲,明治以後増減があり,現行曲は180曲である。…

※「《大蔵虎寛本》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android