《学校建築図説明及ビ設計大要》(読み)がっこうけんちくずせつめいおよびせっけいたいよう

世界大百科事典内の《学校建築図説明及ビ設計大要》の言及

【学校建築】より

…【福田 晴虔】
【日本における学校建築】

[定型化の時代]
 学制発布以後明治20年代までが,日本の学校建築の揺籃期である。当初寺子屋や,教員の住宅を利用するものから,地方によっては,外人建築家の手になる疑似洋風の近代的学校建築まで建てられるなかで,1895年(明治28)に,文部省より《学校建築図説明及ビ設計大要》が刊行された。この内容は,いわば校舎の標準設計で,これからの学校建築のあるべき姿が,考え方と,実例で示されていた。…

※「《学校建築図説明及ビ設計大要》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android