コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《安宅の関》 あたかのせき

世界大百科事典内の《安宅の関》の言及

【御摂勧進帳】より

…この趣向が当たり大好評であった。なお,大正期に《安宅の関》は2世市川猿之助(のちの猿翁)により,《色手綱恋の関札》は5世中村福助により復活。1967年1月には国立劇場で,2世尾上松緑により前記2場に原作三建目〈暫〉の場を加えた3場面が通し狂言の形で復活上演されている。…

※「《安宅の関》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《安宅の関》の関連キーワード石川県小松市安宅町橘旭翁(2代)安宅の関勧進帳こまQ安宅小松梯川