《家族の中の死》(読み)かぞくのなかのし

世界大百科事典内の《家族の中の死》の言及

【エージー】より

…代表作は,不況下の南部農民の生活を体験的に報告したノンフィクション《今有名人をたたえよう》で,雑誌には掲載を断られるが,1941年W.エバンズの写真と共に単行本として出版された。小説は長編が2編あり,南部の家族に突然訪れる不幸を描く《家族の中の死》(1957)がすぐれている。また,映画批評においては1930,40年代に活躍,《アフリカの女王》(1951)などの映画脚本も書いた。…

※「《家族の中の死》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android