《少年園》(読み)しょうねんえん

世界大百科事典内の《少年園》の言及

【児童雑誌】より

…オルコットやバーネットなどアメリカ児童文学の傑作がこの雑誌によって生み出されたからである。
[日本]
 日本では,1877年創刊の《穎才(えいさい)新誌》のような児童向け投書雑誌などがあったが,イギリスの児童雑誌の影響を強く受けて,88年創刊された《少年園》が最初の本格的児童雑誌といわれる。文部省で教科書作成にあたった山県悌三郎を主筆に,教育・啓蒙を発刊の主旨とした。…

【小国民】より

…初めは月刊,1周年号から月2回刊。それ以前に創刊された《少年園》(1888‐95,山県悌三郎主幹),《日本之少年》(1889‐94,博文館発行),その後に創刊された《少年文武》(1890‐92,中川霞城編集発行)などとともに,明治20年代の有力な少年雑誌である。修身,歴史,文芸,娯楽などの平易な記事と挿絵で小学生の読者を獲得した。…

※「《少年園》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android