コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《延平答問》 えんぺいとうもん

世界大百科事典内の《延平答問》の言及

【李侗】より

…道理の知的理解よりもその〈体認〉(道理と自己との一体化)を重視する特異な認識論や,静坐によって本性を養い育てるその修行法は,朱子学成立に決定的な役割を果たした。日本や朝鮮でも広く読まれた《延平答問》は,朱熹が編んだ師の言行録である。【三浦 国雄】。…

※「《延平答問》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《延平答問》の関連キーワード朱熹李侗

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android