コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 クマ

4件 の用語解説(熊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くま【熊】

食肉目クマ科の哺乳類の総称。全般に大形で、がっしりした体格をし、足の裏をかかとまで地面につけて歩く。ヨーロッパ・アジア・北アメリカおよび南アメリカ北部に分布し、ホッキョクグママレーグマなど7種があり、多くの亜種が知られる。日本にはヒグマツキノワグマがすむ。 冬》「餌を欲りて大きな―となって立ち/汀女
《立ち見席の前に設けられた鉄柵に寄る姿が、檻(おり)の中の熊に似ているところから》劇場で立ち見する人。
(動植物名の上に付き、接頭語的に用いて)強い、大きいなどの意を表す。「蝉(くまぜみ)」「蜂(くまばち)」

ゆう【熊】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(漢) [訓]くま
〈ユウ〉動物の名。クマ。「熊掌熊羆(ゆうひ)
〈くま(ぐま)〉「熊手穴熊黒熊白熊
[難読]熊襲(くまそ)赤熊(しゃぐま)白熊(はぐま)熊野権現(ゆやごんげん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第82番(1786)。原題《L'Ours》。パリ交響曲の一つ。名称は第4楽章の冒頭の低音が熊の唸り声を連想させることに由来する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くま【熊】

クマ科の哺乳類。体は大きく、四肢が太く、頭胴長2.8メートル、体重700キログラムを超すものがある。長い鉤爪かぎづめを有し、嗅覚がすぐれる。体色は種類により黒色・褐色・白色などがある。冬、穴にこもり、絶食する種類もある。雑食性。ユーラシア・南北アメリカに分布し、日本には本州以南にツキノワグマが、北海道にヒグマがすむ。 [季] 冬。
〔立見席と一般席の間に鉄柵があり、その後ろにいる者が檻おりの中の熊のように見えることから〕 立ち見客の称。
(接頭語的に)動植物名の上に付いて、「形が大きい」「力が強い」などの意を表す。 「 -樫くまがし」 「 -蜂くまばち

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊の関連キーワード自然淘汰ぐらつ・くざわめ・くめ・く北〈区〉西〈区〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊の関連情報