(読み)クマ

デジタル大辞泉の解説

くま【熊】

食肉目クマ科の哺乳類の総称。全般に大形で、がっしりした体格をし、足の裏をかかとまで地面につけて歩く。ヨーロッパ・アジア・北アメリカおよび南アメリカ北部に分布し、ホッキョクグママレーグマなど7種があり、多くの亜種が知られる。日本にはヒグマツキノワグマがすむ。 冬》「餌を欲りて大きな―となって立ち/汀女
《立ち見席の前に設けられた鉄柵に寄る姿が、檻(おり)の中の熊に似ているところから》劇場で立ち見する人。
(動植物名の上に付き、接頭語的に用いて)強い、大きいなどの意を表す。「蝉(くまぜみ)」「蜂(くまばち)」
[補説]曲名別項。→

ゆう【熊】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(漢) [訓]くま
〈ユウ〉動物の名。クマ。「熊掌熊羆(ゆうひ)
〈くま(ぐま)〉「熊手穴熊黒熊白熊
[難読]熊襲(くまそ)赤熊(しゃぐま)白熊(はぐま)熊野権現(ゆやごんげん)

くま【熊】[曲名]

原題、〈フランスL'Oursハイドンの交響曲第82番ハ長調の通称。1786年作曲。パリ交響曲の一。通称は第4楽章に熊のうなり声を連想させる低音が用いられることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第82番(1786)。原題《L'Ours》。パリ交響曲の一つ。名称は第4楽章の冒頭の低音が熊の唸り声を連想させることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

くま【熊】

クマ科の哺乳類。体は大きく、四肢が太く、頭胴長2.8メートル、体重700キログラムを超すものがある。長い鉤爪かぎづめを有し、嗅覚がすぐれる。体色は種類により黒色・褐色・白色などがある。冬、穴にこもり、絶食する種類もある。雑食性。ユーラシア・南北アメリカに分布し、日本には本州以南にツキノワグマが、北海道にヒグマがすむ。 [季] 冬。
〔立見席と一般席の間に鉄柵があり、その後ろにいる者が檻おりの中の熊のように見えることから〕 立ち見客の称。
(接頭語的に)動植物名の上に付いて、「形が大きい」「力が強い」などの意を表す。 「 -樫くまがし」 「 -蜂くまばち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くま【熊】

[1] 〘名〙
① クマ科に属する哺乳類の総称。体はよく肥え、がんじょうで、毛はあらく、毛色は褐色、黒色、白色など種類によって異なる。体長は最大種ホッキョクグマで約三メートル。四肢は太くて短く、強大なかぎ爪を備える。尾は短い。臭覚が優れ、雑食性で魚、小獣、木の実、草などを食べる。冬は穴の中で絶食して過ごすことが多い。肉は食用、毛皮は敷物、胆嚢は「くまのい」といって薬にする。北極地方から熱帯林まで分布し、七種がいる。日本には本州以南に、黒色でのどの下に三日月形の白斑のあるツキノワグマが、北海道には大形のヒグマがすむ。《季・冬》
※古事記(712)中「熊野村に到りましし時、大熊(くま)(ほの)かに出で入りて即ち失せき」
② 毛深いこと、また、毛深い人をいう。
※雑俳・寄太鼓(1701)「若衆が足から熊になりにけり」
③ 劇場で、前に鉄柵(てっさく)のある立見席にいる観客。おりの中の熊と似ていたところからの称。立見。大向う。
④ 髪がのびたのを表現するため、鬘(かつら)の月代(さかやき)の部分にはった熊の毛。
[2] 〘語素〙 動植物名の上に付けて、形が大きいこと、力が強いことなどをあらわす。「くま蜂」「くま笹」「くま蝉」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊の関連情報