コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマ

デジタル大辞泉の解説

くま【熊】

食肉目クマ科の哺乳類の総称。全般に大形で、がっしりした体格をし、足の裏をかかとまで地面につけて歩く。ヨーロッパ・アジア・北アメリカおよび南アメリカ北部に分布し、ホッキョクグママレーグマなど7種があり、多くの亜種が知られる。日本にはヒグマツキノワグマがすむ。 冬》「餌を欲りて大きな―となって立ち/汀女
《立ち見席の前に設けられた鉄柵に寄る姿が、檻(おり)の中の熊に似ているところから》劇場で立ち見する人。
(動植物名の上に付き、接頭語的に用いて)強い、大きいなどの意を表す。「蝉(くまぜみ)」「蜂(くまばち)」
[補説]曲名別項。→

ゆう【熊】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(漢) [訓]くま
〈ユウ〉動物の名。クマ。「熊掌熊羆(ゆうひ)
〈くま(ぐま)〉「熊手穴熊黒熊白熊
[難読]熊襲(くまそ)赤熊(しゃぐま)白熊(はぐま)熊野権現(ゆやごんげん)

くま【熊】[曲名]

原題、〈フランスL'Oursハイドンの交響曲第82番ハ長調の通称。1786年作曲。パリ交響曲の一。通称は第4楽章に熊のうなり声を連想させる低音が用いられることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第82番(1786)。原題《L'Ours》。パリ交響曲の一つ。名称は第4楽章の冒頭の低音が熊の唸り声を連想させることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

くま【熊】

クマ科の哺乳類。体は大きく、四肢が太く、頭胴長2.8メートル、体重700キログラムを超すものがある。長い鉤爪かぎづめを有し、嗅覚がすぐれる。体色は種類により黒色・褐色・白色などがある。冬、穴にこもり、絶食する種類もある。雑食性。ユーラシア・南北アメリカに分布し、日本には本州以南にツキノワグマが、北海道にヒグマがすむ。 [季] 冬。
〔立見席と一般席の間に鉄柵があり、その後ろにいる者が檻おりの中の熊のように見えることから〕 立ち見客の称。
(接頭語的に)動植物名の上に付いて、「形が大きい」「力が強い」などの意を表す。 「 -樫くまがし」 「 -蜂くまばち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

熊 (クマ)

動物。クマ科の動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

熊の関連キーワード大阪府泉南市信達金熊寺福島県双葉郡大熊町熊坂東又太郎(5代)ベルリン国際映画祭【かご】坂皇子難波根子武振熊シゥオンシリー渡辺孝平(2)オーストリアテディーベアテディ・ベア熊狩り・熊狩北アメリカ月湖(2)たん熊北店熊平 源蔵イヨマンテ小熊・子熊熊野伝三郎イオマンテ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊の関連情報