コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《形相と質の起源》 けいそうとしつのきげん

世界大百科事典内の《形相と質の起源》の言及

【ボイル】より

… 体系的な実験によって認識される物質とその変化の多様性を説明するため,ボイルはP.ガッサンディの原子論やデカルトの粒子論をとり入れて独自の粒子哲学をつくり上げた。それは《形相と質の起源》(1666)において全面的に展開される。すなわち,物質の諸性質はスコラ派の実体的形相や質の実在によってではなく,物質を構成する粒子の組織と運動によってのみ合理的に理解できること,そして化学変化は階層的な構造をもつ物質粒子の組替えによって説明されることが主張された。…

※「《形相と質の起源》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone