コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《形相と質の起源》 けいそうとしつのきげん

世界大百科事典内の《形相と質の起源》の言及

【ボイル】より

… 体系的な実験によって認識される物質とその変化の多様性を説明するため,ボイルはP.ガッサンディの原子論やデカルトの粒子論をとり入れて独自の粒子哲学をつくり上げた。それは《形相と質の起源》(1666)において全面的に展開される。すなわち,物質の諸性質はスコラ派の実体的形相や質の実在によってではなく,物質を構成する粒子の組織と運動によってのみ合理的に理解できること,そして化学変化は階層的な構造をもつ物質粒子の組替えによって説明されることが主張された。…

※「《形相と質の起源》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《形相と質の起源》の関連キーワードボイル(Robert Boyle)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android