コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《意外》 いがい

世界大百科事典内の《意外》の言及

【新派】より

…しかし,角藤や川上が中村宗十郎,秋月が市川権十郎,喜多村が嵐璃珏(りかく),高田が尾上卯三郎など歌舞伎役者に私淑してその演技を模倣していたように,実質はけっして新しいものではなかった。だが,機を見るに敏な川上は,94年1月浅草座で当時話題の相馬事件を岩崎蕣花が脚色した《意外》の上演に成功,《又意外》《又々意外》を出して大当りをとり,日清戦争勃発に際しては《壮絶快絶日清戦争》などの戦争劇で歌舞伎座進出を果たし,96年には神田に川上座を建設するにいたった。しかし戦争終結で勢いを失い,99年4月渡米巡業,妻の川上貞奴(さだやつこ)を女優にしたてあげて欧米の地に足跡を残し,帰朝すると江見水蔭翻案で《オセロ》を〈正劇〉と称して上演するなどしていた。…

※「《意外》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《意外》の関連キーワード盗人を捕らえて見れば我が子なり風が吹けば桶屋が儲かる世の中は広いようで狭い遠くて近きは男女の仲江戸の敵を長崎で討つ埋もれ木に花が咲く残り物には福がある草を打って蛇に驚く灰吹きから蛇が出るショートショート瓢箪から駒が出る足元から鳥が立つ背負い投げを食う残り物に福がある狐につままれる呆れる・惘れる福徳の三年目京に田舎あり隅に置けない二度びっくり

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android