コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《愛のかたみ》 あいのかたみ

世界大百科事典内の《愛のかたみ》の言及

【田宮虎彦】より

…さらに半自伝的作品《足摺岬(あしずりみさき)》(1949),《絵本》《菊坂》(ともに1950)などを収めた短編集《絵本》(1951)によって毎日出版文化賞を受賞。胃癌で死んだ妻千代との書簡集《愛のかたみ》(1957)は広く読まれた。《沖縄の手記から》(1972)は後期の代表作とされる。…

※「《愛のかたみ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《愛のかたみ》の関連キーワード田宮 虎彦田宮虎彦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android