コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《愛の妙薬》 あいのみょうやく

世界大百科事典内の《愛の妙薬》の言及

【ルチア】より

… ドニゼッティの生前,イタリアでは政情不安定な世相を反映して〈恐怖オペラ〉や〈狂乱オペラ〉が流行したが,この《ルチア》はその種のオペラの典型であり,後半の〈ルチア狂乱の場〉が見せどころとなっている。この作品は,《アンナ・ボレーナ》や《愛の妙薬》とともにドニゼッティのオペラの最上の特質であるベル・カントの流麗な旋律によって今日も親しまれている。日本では,1918年に東京浅草の駒形劇場において原信子主演で一部分が紹介され,23年カーピ・イタリア歌劇団がほぼ全曲の初演を行っている。…

※「《愛の妙薬》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《愛の妙薬》の関連キーワードマリウシュ クヴィエチェンアントニーノ シラグーザアンジェラ ゲオルギウデジレ ランカトーレオペラ(舞台芸術)ジョセフ カレヤパバロッティトラキニアイドニゼッティ早川 和子中川 牧三川名陽介安藤允彦鳥居峰明光人

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《愛の妙薬》の関連情報