コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《愛の寓意図像集》 あいのぐういずぞうしゅう

世界大百科事典内の《愛の寓意図像集》の言及

【アレゴリー】より

…リーパの影響は北ヨーロッパの絵画にも見られ,例えば17世紀オランダの画家フェルメールの《信仰のアレゴリー》で,擬人像が白い衣裳の婦人,盃,十字架,本(聖書)を属性として備えるという描写は,リーパに拠っている。フランドル絵画では,ルーベンスの師であり人文主義者のオットー・バン・ベーンの《愛の寓意図像集》が,同時代の画家の画中画に使用されるなど,かなりポピュラーであった。またJ.カッツやルーマー・フィッシャーはその書のなかで子どもの遊戯を寓意化し,例えば,シャボン玉をこの世のむなしさ,独楽(こま)回しを鞭打たれないと働かない人間への教訓とするなど,オランダの寓意図像集は道徳的教えを説くものが多い。…

※「《愛の寓意図像集》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android