コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《愛弟通信》 あいていつうしん

世界大百科事典内の《愛弟通信》の言及

【国木田独歩】より

…佐伯の鶴谷学館の教師を経て,94年国民新聞社に入社。日清戦争の従軍記者として《愛弟通信》を連載。帰還後佐々城信子と知りあい,はげしい恋愛の末結婚。…

※「《愛弟通信》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《愛弟通信》の関連キーワード国木田独歩淡然・澹然突として取り遣り検する両眼鏡白虹抜錨敗亡嚠喨裸出異装連亘滅却歩武豪邁航進後顧惨然検察

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android