《抛入岸之波》(読み)なげいれきしのなみ

世界大百科事典内の《抛入岸之波》の言及

【抛入】より

…1624年(寛永1)ころから流行した立花(りつか)にかわる隆盛をもたらし,それとともに新興流派の勃興をみるにいたった。その理由は約束ごとの多い立花とは対照的に〈軽く花をいける〉(《源氏活花記》1764成立)ことができて,《抛入岸之波》(1740成立)が〈小座敷・囲(かこい)などの小床に一種一輪によらず,幽にして形を甚(はなはだ)つくらうことなく,ちょとさし入て,さびたる風情にかろく生けなしたる〉を〈なげいれ〉と記すように,気易く自由にいけられることによる。それが立花愛好者よりも幅広い一般大衆にたしなまれて流行の花形となった。…

※「《抛入岸之波》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android