コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《揚屋》 あがりや

世界大百科事典内の《揚屋》の言及

【碁太平記白石噺】より

…操り初演と同年の1780年4月に江戸森田座で通しの初演。以来現今まで主として七段目,おのぶが宮城野と再会する《揚屋》が独立して上演されてきた。全盛の太夫と奥州弁の田舎娘というコントラストが趣向として成功している。…

※「《揚屋》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《揚屋》の関連キーワード角屋もてなしの文化美術館碁太平記白石噺定宿・常宿金尽くめ古文めく座敷踊りおちょぼ散茶女郎出掛け姿長柄の傘恋ひ震ひ揚屋差紙揚屋入り滑り道中御亭さん呼び使ひ島原道中上する踊り地粋立て

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android