コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《改定史籍集覧》 かいていしせきしゅうらん

世界大百科事典内の《改定史籍集覧》の言及

【史籍集覧】より

…さらに《史籍集覧》の改訂を企てたが,果たさず病没。子の圭造は父の遺業を継ぎ,1902年から《改定史籍集覧》の刊行を開始し,井上頼圀,小杉榲邨,三上参次の援助をうけて,32冊・総目解題1冊を完成させた。このとき,国文関係の既刊本のある書物を削り,新しく270部を加えた。…

※「《改定史籍集覧》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《改定史籍集覧》の関連キーワード関ヶ原始末記鎌倉九代後記板坂卜斎覚書鎌倉殿中問答鶴岡社務記録鎌倉大草紙建武年間記北条五代記浅井三代記足利季世記足利治乱記慶長見聞集渡辺幸庵本多利長安倍泰親法曹類林駒井日記塵塚物語史籍集覧底倉之記

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android