《改良日本稲作法》(読み)かいりょうにほんいなさくほう

世界大百科事典内の《改良日本稲作法》の言及

【酒勾常明】より

…のちに帝国大学農科大学教授をへて農商務省農務局長に昇進(1903)した。農学者酒勾は《改良日本稲作法》(1887)を著して経験的稲作法を批判し,農政家としては各種農業法令を整備し,強権的農事指導を行った。1906年官を辞し大日本製糖の社長に就任後,糖業保護に関する汚職事件〈日糖疑獄〉がおこり,彼自身は潔白であったが,責任をとり自殺した。…

※「《改良日本稲作法》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android