コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《教えの一滴》 おしえのいってき

世界大百科事典内の《教えの一滴》の言及

【ハリバドラ】より

…同書は仏教思想史の研究の上で,その資料的価値は高いと思われる。このほか《ダルマ・ビンドゥ》(教えの一滴)と題した自派の修道論の綱要書を作るなど,その多才さはおそらくのちのヘーマチャンドラ(12世紀)にも匹敵しよう。【矢島 道彦】。…

※「《教えの一滴》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android