《日本の学校白書》(読み)にほんのがっこうはくしょ

世界大百科事典内の《日本の学校白書》の言及

【教育白書】より

…文部省が〈白書〉として出したものは,59年の《わが国の教育水準》が最初であり,以後同じ名称でほぼ5年ごとに出されているほか,高等教育(1964),社会教育(1965),青少年の健康と体力(1966),私立学校(1967)などその時点での重要なテーマについて白書が発表されてきた。日教組が作成したものは,上述のものに続き,第2次教育白書《ありのままの日本教育》(1950),《日本の学校白書》(1958,61),《日本の教育白書》(1965),《白書日本の教育》(1971)などのほか,シリーズの《教科書白書》などが出されており,教育問題と教育統制の実態を告発する〈黒書〉も出されている。また教育白書に類するものとして,日本子どもを守る会が63年以来毎年発表している《子ども白書》なども,広い意味での教育白書ということができる。…

※「《日本の学校白書》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android