コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花信風 カシンフウ

デジタル大辞泉の解説

かしん‐ふう〔クワシン‐〕【花信風】

花の咲くのを知らせる風。初春から初夏にかけて吹く風をいう。
二十四番花信風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

花信風【かしんふう】

花信の風とも。一般には花の咲くころに吹く風。特別には中国伝来の〈二十四番花信風〉。これは二十四節気節気)の小寒から穀雨までの八気をそれぞれ三候に分け,各一候の風に花の名を冠したもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしんふう【花信風】

春さきに花が開くことを知らせる風。中国ではおそくとも宋代ころまでに二十四番花信風が定められていたが,これが日本に紹介された。それによると,小寒から穀雨にいたる八節気二十四候にそれぞれ咲く花がありそれに対応する風があるとした(表参照)。【河村 武】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かしんふう【花信風】

初春の風。花の咲く時節の到来を告げる風。 → 二十四番花信風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花信風
かしんふう

(1)春の初めに花の開くことを知らせる風のこと。
(2)二十四節気のうちの小寒から穀雨(こくう)までの八気二十四候をいい、各候には新たな風が吹くとして、その風に対する花をあてた。二十四節気は太陽年を太陽の黄経に沿って24等分し、その等分点に季節を示す語を名づけたもの。中国で定められ、立春、雨水、啓蟄(けいちつ)、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種(ぼうしゅ)、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒と名がつけられている。そのうちの八気にそれぞれ初候から三候に三つの花をあて、全体で24の花を配し、それが風に応ずる花とした。この語は中国から日本に伝わり、文人墨客の作詩のなかにみられる。[芳井敬郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花信風の関連キーワード春三番初春時節

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android