《日本キリシタン宗門史》(読み)にほんきりしたんしゅうもんし

世界大百科事典内の《日本キリシタン宗門史》の言及

【パジェス】より

…中国駐在フランス公使館員として1847‐51年中国に渡り,55年《ザビエル書簡集》2巻を訳刊して以来,日本研究を進め,59年に《日本図書目録》を,そして4巻からなる日本帝国史の稿を起こした。またフランスに日本への関心が高まっていたときでもあり,日本教会史に力を注ぎ,62年《日本二十六聖人殉教記》を,1869‐70年に日本帝国史の第3巻に当たる《日本キリシタン宗門史》と付編《史料集》を,73年に《日本キリシタン迫害と日本遣欧使節記》を出した。その間1861年,クルティウス著ホフマン訂補の《日本文典》をキリシタン時代の日本文典で再訂補したものと,1603年長崎刊の《日葡辞書》をフランス語訳訂補,1862年の第1分冊から68年の第4分冊まで,6年を費やして《日仏辞典》を出すなど,先行の業績をさらに当代に生かした。…

※「《日本キリシタン宗門史》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android