《日本国勢地図帳》(読み)にほんこくせいちずちょう

世界大百科事典内の《日本国勢地図帳》の言及

【ナショナル・アトラス】より

…50年以降のナショナル・アトラス作成に関しては,国際地理学連合(IGU)のナショナル・アトラス委員会の設立(1956)とこの委員会の活動,国連の地域地図会議のナショナル・アトラス作成の勧告(1958)などが影響をもっていると考えられる。日本のナショナル・アトラス(日本国勢地図帳)も,これらの勧告などを背景に,77年に国土地理院から第1版(見開きA1判,366ページで邦文版と英文版がある)が出版され,目下改訂第2版の編集が進められている。【高崎 正義】。…

※「《日本国勢地図帳》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android