《日本国地図》(読み)にほんこくちず

世界大百科事典内の《日本国地図》の言及

【伊能図】より

…しかしシーボルトはこの図が押収されることを予知し,徹夜で写してバタビアへ送った。シーボルトは1840年(天保11)にオランダで《日本国地図》を刊行したが,縮尺が小さくて実用性に乏しいのであまり評判にはならなかった。江戸条約に基づき,61年(文久1)にイギリス海軍からアクテオンActaeon号を主艦とする測量艦隊が来日したが,隊長は幕府から派遣された案内役人が持っていた伊能小図を見てその正確なのに驚き,その写しをもらって沿海測量をやめ,近海の測深だけを実施して帰った。…

※「《日本国地図》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android