《日本文化史》(サンソム)(読み)にほんぶんかし

世界大百科事典内の《日本文化史》(サンソム)の言及

【サンソム】より

…ノルマンディーのカーンの高校に留学,ドイツのギーセン,マールブルクの大学で1年ほど学んだのち,当時は上級職とははっきり区別されていた外務省領事事務の試験を受け,1904年(明治37)通訳生として21歳のとき来日,30年ほど日本で勤務した。その学問的才能をエリオット大使以下に愛され,〈《日本文化史》〉Japan,a Short Cultural Historyを31年に刊行した。これはいまなお英語で書かれた日本史のスタンダード・ワークである。…

※「《日本文化史》(サンソム)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報