コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《旧事本紀玄義》 くじほんぎげんぎ

世界大百科事典内の《旧事本紀玄義》の言及

【慈遍】より

…卜部氏の系図などには後世の付加が多く,経歴は不明の部分が多いが,幼いとき出家して公尋の弟子となり,後醍醐天皇に厚く信任された天台座主慈厳僧正に仕え,法印に任ぜられた。鎌倉時代末の討幕気運の高まりのなかで,伊勢外宮の祀官度会(わたらい)(檜垣)常昌と交わって伊勢神道の影響を受け,《神懐論》《旧事本紀玄義(くじほんぎげんぎ)》《旧事本紀文句》《大宗秘府要文》《神祇玄要図》《神皇略文図》《古語類要集》《天地神祇審鎮要記》《豊葦原神風和記》などを著した。その神道説は,伊勢神道の教説の展開に天台教学の理論を援用したもので,主著《旧事本紀玄義》では神本仏迹の論を説いたうえ,天皇を宇宙の元始神の正系を引き,天を父,地を母とする存在であると論じ,神道の政治論を展開して皇徳,皇位,神器について説いている。…

※「《旧事本紀玄義》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone