コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《明烏後真夢》 あけがらすのちのまさゆめ

世界大百科事典内の《明烏後真夢》の言及

【浦里・時次郎】より

…モデルは1769年(明和6)7月の伊之助・三芳(吉)野の心中事件である。その後,富士松魯中が1857年(安政4)にその続編として《明烏後真夢(のちのまさゆめ)》を発表した(原作は為永春水・滝亭鯉丈(りゆうていりじよう)合作の人情本《明烏後正夢》)。続編では2人は時次郎の叔父が住職をしている深川の慈眼寺まで逃げ,その墓地で柳の枝にしごきをかけて心中する。…

※「《明烏後真夢》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《明烏後真夢》の関連キーワード真夢

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android