コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《木と石》 きといし

世界大百科事典内の《木と石》の言及

【ポーイス】より

…ケンブリッジ大学卒業。彼の作品は善なる自然と悪なる人間という独特な汎神論的神秘主義を基調にしており,《嵐が丘》風の狷介不覊(けんかいふき)な人物に満ちた幻想的な小説《木と石》(1915),《ダクデーム》(1925),《ウルフ・ソレント》(1929)などが有名である。このほか《懐疑家の宗教》(1925),《孤独の哲学》(1933)といった一般的な評論,《ドストエフスキー》(1947),《ラブレー》(1948)などの評伝もある。…

※「《木と石》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《木と石》の関連キーワード世界の神話にみる万象の起源松本 雅夫ポーイス木石

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android